詳細はこちら

コンサルティング事業

HOME > コンサルティング事業 > ITコンサルティング

ITコンサルティング

ITコンサルティング

ITの分野はバックオフィスの効率化だけにはとどまらず、ビジネスプロセスの根幹を担うことが多くあります。
貴社の事業戦略に深くかかわってくるIT基盤。日本とは違うネットワーク環境や情報統制からリテラシーの部分まで、現地在住で多岐にわたるビジネスをお手伝いしているからこその目線でコンサルティングを行います。

マーケティングによる現状の分析、業務系のパッケージソフトを利用した業務改善等を行います。


  • IT戦略

  • CRM

  • SCM

IT戦略 〜事業戦略に基づいた最適なIT投資を〜

IT戦略

国外での事業を推進していくために、過不足ない必要十分なITシステムを立案し、優先順位をつけたうえでのプロジェクトの実行とそのスケジュールを策定する必要があります。そのためには、事業戦略に基づいてどこに資源を投入していくかを具現化した「業務プロセスIT戦略」を策定することで、システムの"あるべきアーキテクチャ"を規定していきます。

それには国内とのつなぎこみや連携を考慮していくことは必須です。その後、現在の事業の収益性から今後の見込みをふまえて優先順位を決め、これを基に最適なIT投資ポートフォリオを構築していきます。実際にプロジェクトを推進する上では、現地メンバーの協力が必要不可欠です。細かな商慣習やネットワーク、クライアント端末のことまで現地スタッフでないとわからないこともたくさんありますが、Biz Cube Holdings PHではこういった事象にもトータルでお手伝いいたします。

CRM 〜現地のニーズを理解しよう〜

CRM

CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)は、顧客の様々な情報(WEBや店舗経由など)を蓄積・分析し、ニーズに基づいてパーソナライズされた商品・サービスを提供する仕組みです。
フィリピンで商品・サービスを提供するためには現地のニーズを深く理解し、それらを適切に管理することが必要になります。さらに収集した情報を独自の購買行動や文化などを鑑みながら分析し、戦略から具体的なオペレーションへつなげていく仕組みまでサポートします。

この作業は一度で完結するものではなく、効果検証し戦略を練り上げて仮説をたてていくところまでが1つのプロセスです。その改善の体制を全体に浸透させるために一部地域・店舗でテスト実施をしたうえでいくことが多くあります、Biz Cube Holdings PHではそれらPDCAサイクルの立ち上げから浸透含めてコンサルティングを行います。

SCM 〜現地でのもの作りから販売の流れを知ろう〜

SCM

SCM(サプライチェーンマネジメント)は、購買調達、製造、物流、もの作りから販売のプロセス(サプライチェーン)における情報の流れを整理統合し、サプライチェーン全体で共有することを通じて全体の効率化に向けた企業活動の管理・改革手法の一つです。

タイ・フィリピンでビジネスを行うためには、現地におけるSCMの構築が必須となり、最適なリソース(需要、生産能力、在庫、人員など)の確保が必要になります。また、定期的に業務プロセスとシステムを見直すことで、コストの改善のみならず売上にもインパクトがあります。Biz Cube Holdings PHでは、それらSCMの戦略立案から、現プロセスの改革含めた導入支援、関わる材料類の調達のお手伝いから、SCM全体のアウトソーシングまで貴社の課題を解決し、収益改善を支援していきます。

フィリピン進出のことならBiz Cube Holdings PHにご相談ください!

フィリピンで生まれ、フィリピンで育ち、日本で学び働いた
私達Biz Cube Holdings PHがサポートします。

日本国内から現地コンサルタントと
TV会議でのご相談が可能!

現地のコンサルタントに直接ご相談できます。日本語での会話が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ0120-791-223